マッサージ師とセラピストの違いは?

マッサージ師とセラピストの違いは?

リラクゼーションとマッサージの違いって?


リラクゼーションとマッサージの違いがわからない
という人は多いと思います。実際にお客さんなどから聞かれることも多々ありました。

リラクゼーション業界ではマッサージとは明確に
線引きをしなければならない理由があります。

マッサージの定義は?


「マッサージ」という言葉を使っていいのは、
あん摩マッサージ指圧師のみです。
略してマッサージ師とも呼ばれますが、
国家資格を持っている人のことです。

あん魔マッサージ師の国家資格は通信や短期資格取得コースなどでは
取得することはできず、マッサージ師を養成するための
専門学校に3年間通わなければいけません。

200時間分、講習や実習を受けて初めて、国家試験を受ける
権利が与えられるのです。国家試験に合格するとマッサージ師の
資格が取得できます。

マッサージは人の身体に触れ、皮膚をさすったり、
なでたり、揉んだり、指圧をしたりする行為に関しては本来はマッサージ師の国家資格を持っている人しか
法律上できません。

ではリラクゼーションの定義って?


「リラクゼーションサロンでも同じようなことやってるよ!」
と思う方もいるかもしれません。

リラクゼーションサロンは「人の身体に触れ、
症状を改善するのを目的とするのではなく、あくまでも
疲れているお客さんに対して癒しの場を提供している」
というスタンスでやっています。
(でないと違法になってしまうのでできない)

「マッサージ」という言葉は使ってはいけないというのが常識です

また国家資格を所有するマッサージ師は医療行為として施術できますが、
リラクゼーションサロンでは医療行為とは唱えないので、
「治療」「腰痛、肩こりなどが治る」「改善する」などの
言葉は使ってはいけないこととなっています。

リラクゼーションサロンのスタッフは、医学的指導をお客にしてはいけません(この辺りは法律ではなく、一般倫理的な問題です)。リラクゼーションのスタッフには、そういうボーダーがたまにわからなくなっている方も存在します。お客さんに誤りのある指導をする人がいて、ぎりぎりアウトでないか?と思うこともあります。 大手はやはりそういう教育はしっかりしている印象です。
でも法的に一挙に取り締まられて、リラクゼーション業界が
なくなることはない気がします。

お客さんの中で「マッサージとリラクゼーションの違い」、を気にしている人は
ごく一部で、自分と合うセラピストに出会えば、ずっと通い続けてくれます。

だからこの業界では国家資格を持っていなくても
全く気にしていない人はたくさんいます。

リラクゼーションとマッサージの違い、おわかりいただけたでしょうか?そういう観点で
セラピストの求人情報を見てみると面白いですよ!!
「マッサージ」という言葉は絶対出てきませんので(笑)

Comments are closed.